恋と革命のインドカリーの日とは?カレーダイエットのメリットとは?カレーダイエットのためのスパイスを使用したレシピ

恋と革命のインドカリーの日とは?

恋と革命のインドカリーの日は、株式会社中村屋が制定した記念日で、毎年6月12日に制定されています。この記念日は、1927年(昭和2年)6月12日に、中村屋が東京・新宿に喫茶部(レストラン)を開設し、日本で初めて「純印度式カリー」を売り出したことに由来しています。

また、記念日の名前は、創業者の相馬愛蔵・黒光夫妻の娘・俊子が、インド独立運動の活動家ラス・ビハリ・ボースと恋に落ち、1918年(大正7年)に結婚したことをきっかけに、インドカリーが誕生したことに由来しています。ラス・ビハリ・ボース(Rash Behari Bose、1886~1945年)は、当時、イギリスの植民地として圧政に苦しんでいた祖国インドを救おうと独立運動を行っていました。しかし、インド総督への襲撃をきっかけに、イギリス政府から厳しい追及を受け、1915年(大正4年)に日本に亡命。

日本では、アジア開放運動の志士を守ろうという動きが民間で高まっていたが、日英同盟を結んでいた日本政府は、ボースに国外退去を命じた。ボースを気の毒に思った相馬夫妻は、アジア主義者の巨頭・頭山満の依頼もあり、政府の意に反してボースを中村屋の敷地内にあったアトリエでかくまうこととなりました。翌1916年(大正5年)にボースは中村屋を出て隠れ家を転々とするが、その逃亡生活で連絡役を務め、陰で支えたのが相馬夫妻の長女・俊子であった。2人は後に結婚し、2人の子どもを授かるが、逃亡生活の心労がたたり、俊子は1925年(大正14年)に26歳の若さで亡くなってしまいます。

当時、日本に広まっていたカレーはイギリスから伝わった小麦粉を使用したもので、祖国インドのカリーとは別のものでした。俊子の死後も中村屋と交流を深めたボースは本場のカリーを日本に紹介したいとの思いから、中村屋で純印度式カリーをこの日に発売した。このカリーは中村屋の名物料理となり、「恋と革命の味」として現在に伝わっています。このように、恋と革命のインドカリーの日は、単にカレーの日というだけでなく、愛と革命の精神を象徴する日でもあります。


カレーダイエットのメリットとは?

カレーはスパイスが豊富に含まれており、ダイエット効果が期待できる食材として注目されています。カレーダイエットのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

スパイスの力で代謝アップ
カレーに含まれるスパイスには、カプサイシンやショウガオールなどの成分が含まれており、代謝をアップする効果があります。

満腹感を得やすい
カレーは具材が豊富で、食物繊維も多く含まれているため、満腹感を得やすく、食べ過ぎを防ぐことができます。

腸内環境を整える
スパイスには、腸内環境を整える効果があるものもあり、便秘解消や下痢予防にも効果が期待できます。

ただし、カレーダイエットには注意点もあります。

脂質や糖質の摂り過ぎに注意
カレーによっては、脂質や糖質が多く含まれているものもありますので、食べ過ぎには注意が必要です。

具材選びが重要
カレーに入れる具材によって、栄養バランスやカロリーが大きく変わります。野菜やきのこなど、栄養価の高い具材をたくさん使うようにしましょう。

食べ方にも注意
カレーはご飯と一緒に食べると、糖質の摂り過ぎになりやすいので、ご飯を少なめにするか、玄米などの糖質の低いご飯を選ぶようにしましょう。

上記のような点に注意しながら、上手にカレーダイエットに取り組むことで、健康的に痩せることができます。

カレーの日である6月12日は、カレーダイエットを始める絶好の機会です。ぜひ、この機会にカレーを美味しく味わいながら、健康的なダイエットを目指してみてはいかがでしょうか。


カレーダイエットのためのスパイスを使用したレシピ

Cookpad - 基本からアレンジまで!思わずつくりたくなるスパイスカレー

https://tinyurl.com/26dzzp44

女子SPA! - 1年で7キロ痩せた「本格スパイスカレー」の簡単レシピはコレだ

https://joshi-spa.jp/989657

これらのレシピは健康的で満足感のある食事を提供し、スパイスの効果も活かしたものです。ただし、個々のダイエット目標に合わせて適切なカロリーや栄養バランスに気を配ることが重要です。


#生成AI
#健康
#サプリメント
#サプリ
#健康食品
#機能性表示食品
#OEM
#ダイエット
#アンチエイジング
#カレーの日

2024年06月12日