天神様の祟り?雷とダイエット・アンチエイジングの意外な関係とは?そして余談ですが・・・

6月26日は「雷記念日」として知られています。

この日は、西暦930年(延長8年)に平安京の清涼殿で発生した落雷事件に由来します。当時、平安京では長い日照りが続いており、雨乞いの相談が行われていました。その最中に清涼殿に雷が落ち、大納言藤原清貫(ふじわらのきよつら)と右中大弁平希世が即死しました。

この落雷は、菅原道真の怨霊による祟りと信じられました。道真は藤原時平の策略により大宰府に左遷され、そこで亡くなったとされています。この事件をきっかけに、道真は雷神「天神」として祀られるようになり、名誉を回復しました。

 


雷記念日と雷の神の関係は密接に結びついています。

雷記念日の由来は、930年6月26日に平安京の清涼殿で発生した落雷事件に基づいています。この事件で大納言藤原清貫らが亡くなりました。

この落雷は、太宰府に左遷され不慮の死を遂げた菅原道真の祟りだと信じられました。

この事件をきっかけに、菅原道真は雷神「天神」として祀られるようになり、名誉を回復しました。

947年には、菅原道真が北野社に天神(雷神)として正式に祀られることになりました。当初、道真は怨霊として恐れられていましたが、時間の経過とともにその性格が変化しました。怒りを鎮めるために天満宮が建立され、次第にその学識の高さから「学問の神様」として存在として信仰されるようになりました

このように、雷記念日は単なる自然現象の記念日ではなく、菅原道真が雷神として神格化され、広く信仰されるようになったきっかけとなった重要な日となっています。雷記念日は、日本の独特な宗教観や文化、そして自然と人間の関係性を象徴する日でもあるのです。



雷とダイエットとアンチエイジングの意外な関係は?

雷とダイエット、そしてアンチエイジングの間に直接的な関係を示す科学的な証拠は、提供された検索結果には見当たりません。しかし、これらの要素を間接的に関連付けることは可能です。

気圧変化と体調管理

雷を伴う天候の変化は気圧の変動を引き起こします。気圧の変化に敏感な人は体調を崩しやすいため、この時期は特に健康管理に気を付ける必要があります。適切な食事と運動は、体調管理とアンチエイジングに役立ちます。

自然現象への適応

雷のような自然現象に適応することは、ストレス耐性を高め、心身の健康維持につながります。これは間接的にアンチエイジングに寄与する可能性があります。

季節の食材活用

雷を伴う梅雨時期には、旬の野菜や果物が豊富です。これらの季節の食材を取り入れることで、栄養バランスの良い食事が可能となり、ダイエットやアンチエイジングに役立ちます。

結論

雷とダイエット、アンチエイジングの間に直接的な関係はありませんが、雷を含む気象現象や季節の変化に適切に対応することで、健康的な生活習慣を維持し、結果としてダイエットやアンチエイジングにつながる可能性があります。

 


雷の危険性と対策

雷記念日は、雷の危険性を再認識し、適切な対策を講じる機会としても重要です。雷が発生した際には、屋内に避難することや、金属製の車や飛行機の中に入ることが推奨されます。また、家庭では避雷器(SPD)を使用して電子機器を保護することが効果的です。雷が鳴っていたら、まずは建物内や自動車内に逃げることが望ましいです。屋外のゴルフ場や野球場など、どうしても近くに建物がない場合には、足を閉じ、その場にしゃがみます。木の下も危険です。

そして、余談ですが

風神雷神の雷神と菅原道真公の雷神は、まったく別もので、その信仰の発展過程や目的に違いがあります。

#生成AI
#perplexity
#健康
#サプリメント
#サプリ
#健康食品
#機能性表示食品
#OEM
#ダイエット
#アンチエイジング
#雷記念日
#菅原道真

2024年06月26日